SONY(ソニー)新型スピーカー「SRS-XBシリーズ」日本での発売決定!

雑多

どうも、最近SONY信者になりつつあるポンコツです。前に記事を書きましたが、ようやく日本での発売が決定しました!※購入したので、開封レビューをご覧ください。

発売日

いきなりですが、発売日は7月3日(金)に決定しました!海外での発売から一か月遅れでの国内販売となりましたが許してあげましょう!機能などに関しては、前回簡単にまとめた記事がありますので、そちらをご覧ください。

発表製品と金額

PS5を買わなくてはいけないので、あまりお金を使っている場合ではないのですが、ここで買わないで何がSONY信者だということで金額をまとめました。あ、ちなみにまったくSONY信者ではないんですけどね!

SRS-XB23

SRS-XB23

今回発売されるシリーズの中で一番コンパクトなモデルがこちらのSRS-XB23になります。大きさは500mlの水筒くらいで、キャンプなどのアウトドアに持ち運びやすい形になっています。

見た目は小さいですが、新開発の約42×51mm口径の非対称形フルレンジスピーカーユニット「X-Balanced Speaker Unit」を搭載し、十分な音量としっかりとした低音を発することができます。

気になるお値段は・・・1万3200円(税込)になります!

SRS-XB33

SRS-XB33

今回私が狙っている製品がこちらのXB33になります。XB23とは形状が異なり、どちらかというと横置きをメインに考えられているようです。*縦置きもできます!

こちらには、約48×70mm口径の非対称形フルレンジスピーカーユニット「X-Balanced Speaker Unit」が搭載され、XB23と比較し、より低音が強化されています。また、画像で青くなっている部分は音楽と連動してライティングされるため、目でも楽しめる製品です。

気になるお値段は・・・1万9800円(税込)になります!

SRS-XB43

SRS-XB43

シリーズ最大になるのがこのXB43です。見た目はXB33と似ていますが、サイズ感としては一回り~二回りほど大きくなっています。

新開発の約61×68mm口径の超楕円形ウーファーの「X-Balanced Speaker Unit」に加え、新設計Φ約20mmのトゥイーターも搭載し、『高音質の広がりと圧倒的な高音圧で力強い低音の両立を実現』しています。

2Way Speaker System

重量が約3kgあるので、あまり持ち運ぶ感じではないですが、これ一台で圧倒的なパフォーマンスができると思えば良いのかもしれません。

気になるお値段は・・・2万5300円(税込)になります!

まとめ

いかがだったでしょうか?みなさんも欲しくなったのではないですか?普段スマホで音楽を聴いているという方も、これを使うことでより臨場感あふれる音響体験ができますよ。

USB-Cへの対応や圧縮音源のアップスケーリング、高い防水(耐塩水)・防塵・耐衝撃、SONYならではの『EXTRABASS』など満足度の高い一品だと思います。購入したらレビュー記事を書こうと思うので、良ければ参考にしてください。

DSEE
ポンコツ
ポンコツ

スマホで聴く音楽も手軽でいいですが、どうせなら良い環境で聴きたいですよね。私はスマホもSONYなので、合わせたいと思います。

ハリー
ハリー

音痴で音程もわからないようなやつだから音の良さとかはわからないと思うよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました