【簡単キレイ】靴は浸け置きで洗おう【オキシウォッシュ】

雑多

どうも、なぜかライフハックに手を出すポンコツです。靴よりも心を綺麗にしたい今日この頃ですね。

用意するもの

まずは浸け置き洗いに必要なものを準備しましょう。

  • 本人の心のように汚い靴
  • 大きいバケツ(衣装ケースも可)
  • 酸素系漂白剤(今回はダイソー)
  • ゴム手袋(直接触ると荒れちゃいます)
  • お湯
  • 時間

今回の主役である、私の心のように汚い靴たちがこちらです。捨てるつもりのVANSで先に実験しようと思いましたが、めんどくさかったのでナイキも投入です。

洗う前の汚い靴(正面)
洗う前の汚い靴(背面)
洗う前の汚い靴(側面)

今回はダイソーで買ったオキシウォッシュという製品を使用しました。コストコなんかで売っているオキシクリーンのパチもんだと思いますが、普通に使えるのでまあいいでしょう。

ダイソー「オキシウォッシュ」

方法

やり方は至って簡単です。画像とともにその歴史を辿ってみましょう。

バケツに漂白剤とお湯を入れる

バケツにオキシウォッシュとお湯を入れてる画像
しっかりと溶かす必要があるので、ブラシでかき混ぜたりしましょう。

靴を浸ける

基本的には浸けておくだけですが、汚れがひどい場合にはあらかじめブラシでこすり、汚れを落としておきましょう。浸ける時間は30分くらいでいいんじゃないでしょうか。

バケツに靴を浸けている画像
大きいバケツが捨てられていました…

ブラシで軽くこする

浸け置きだけだと落ち切らない部分があるので、ブラシで軽くこすりましょう。あまり力を入れると傷んでしまいますし、汚れも浮いているので簡単に落ちますよ。*漂白剤ですので、直接手につかないように気を付けましょう。手についた場合には水でしっかり洗い流しましょう。

ナイキのスニーカーをブラシでこする画像

よくよく流す

洗剤が残っていると日光に反応し、黄ばんでしまうことがあるらしいので、これでもかというくらい洗い流しましょう。

しっかりと乾燥させる

上記の通り、化学反応してしまう可能性がありますので、基本的には風通しの良いところで陰干ししましょう。型崩れが気になる場合は、シューズキーパーで少し伸ばしておきましょう。100均でも売っていると思います。

しっかりと乾燥させる画像

注意点

いくつか注意点があります。

まず、使用する漂白剤は必ず「酸素系」のものにしてください。間違って塩素系を使用するとガッツリ色落ちしますので、しっかり確認してくださいね!

また、靴の素材によっては色落ちやダメージを受けることがありますので、注意書をよく読んでから使用してください。換気も忘れずに!

お次に、お湯は50~60℃くらいが一番効果がでるそうなので、やけどしないように準備してください。私はめんどくさくて40℃くらいでやった結果、少し効果が薄かったような気がします。

最後は大きなバケツなどを用意することです。まさかの捨てられているというパターンで急遽小さいものでやりましたが、うまく全体が浸からなかったので効率も考え、大きい入れ物がいいでしょう。

結果発表

はい、洗浄後がこちらになります。

きれいになったナイキとバンズの靴(正面)
白いところ以外も何となくすっきりしましたね。
きれいになったナイキとバンズの靴(背面)
ご近所履きでVANS使えそうだな…
きれいになったナイキとバンズの靴(側面)

ナイキはソール部分が滑らかなので、ブラシでこすると白くなりましたが、VANSは細かい溝が彫られているので、やや汚れが残ってしまいました。中敷きもそこまで白くならなかったなど、完璧ではないですが満足いく結果です。

また、酸素系漂白剤は有機物に反応するらしいので?、漂白だけでなく、染み込んだ汗などにも効果があるのではないでしょうか。水がこんな色になるので効果はあると思います。【閲覧注意】

靴の汚れで黒ずんだ水
大変汚いですね。しみ込んだ汗や雨などの汚れでしょうか。
ポンコツ
ポンコツ

ゴシゴシ擦ってもなかなか落ちない汚れも、浸け置きすることで簡単にきれいになります。

ハリー
ハリー

やる作業としては大したことないので、時間のある際に挑戦してみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました