【管理職必見】秘密主義はダメ。報連相は誰のもの?

人事部

どうも、未だに一番下でぺーぺーのポンコツです。今日はおっさんに向けたお話です。よく部下が自発的に動かないとか報告がないとか話を聞きますが、それって部下のせいですか?

秘密主義は何も生まない

管理職になるとどうでもいいことから重要なものまで様々な情報が入ってきますよね。当然、組織の責任を担うので、自分でしっかり考え、最適な指示を出して円滑に仕事を進めようとするのではないでしょうか。

しかし、重要な情報が故に「部下にはまだ早い」とか「自分のものにしておきたい」など情報を出し渋ることはありませんか?

部下にはまだ早い?

私にもよく「まだ伝えるには少し早い(まずは管理職)」みたいな状況が起こりますが、本当に早いのでしょうか?

上司が一人で処理する仕事ならいいですが、都度部下に仕事を振るような場合、受ける側からしてみれば、ゴールの見えないリレーを毎回走らされる気分です。最終的にゴールを知って、「これなら最初から任せろよ」と不満に思うことも少なくありません。

モチベーションも上がらない

不満に思うだけならまだいいですが、毎回細かい仕事を振られ、何のためにやっているのかわからず、モチベーションも上がりません。

そりゃそうですよね。自分の知らないところで話は動き、めんどくさい仕事だけ振られ、また自分の知らない世界へと旅立っていく。何のためにやっているのか、何を評価されているのか、同期と比べて私は何をしているんだろう…となるわけですよ。

ちなみに、若手の退職理由でもありますので、あまり甘く考えないほうが良いですよ。(逆にブラック企業はさっさと滅んでくださいね。)

ポンコツ
ポンコツ

上がらないモチベーション♪込み上げるフラストレーション♪止まらないマ○ターベーション♪上司は一人でコングラッチュレーション♪

報連相はみんなのもの

というわけで、新入社員だろうが中堅だろうが社長だろうが報連相は必須なんです。

部下に負担をかけたくないとか、自分の手柄にしたいとかあるかも知れませんが、部下はあなたの使い駒ではありません。あなたは一国の王ではなく、兵隊の隊長なのです

隊長が適切な指示を出さなければ隊はまとまりませんし、あなたが逃げてばかりで戦わなければ兵も戦いません。あなたが報連相をしないから部下もしないのです。部下は上司の鏡とはよく言ったものです。

もちろん全てを話す必要はありません。最終的なゴールか途中の給水所を教えてくれれば走る気持ちが続きます。部下を導くのがあなたの役目ですよ。

ポンコツ
ポンコツ

部下は上司の鏡ってめちゃくちゃうまくないですか?褒めてください。

まとめ

残業の疲れと電車の心地よい揺れで、後半何を言っているのかわからなくなりましたが、組織としてチームとしてまとまるためにも秘密主義はやめましょう。

チームで考えることで、あなたの知らない部下の強さを見つけるかもしれませんし、仕事を任せられた嬉しさを感じてくれるかもしれません。部下の力を信じ、司令塔として尊敬される上司になってください。

ポンコツ
ポンコツ

冷静に読み返すと何様だと思ってしまいそうなので勢いで投稿だ!日本の上司よ、今こそ変革のとき!

ハリー
ハリー

スマホからなので「今日の格言」はお休みです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました