ポンコツ人事部の就活体験記

就活

何の参考にもならないと思いますが、私の就活をご紹介したいと思います。

就活準備編

まずは就活の始め方についてです。

インターンシップ

参加が当たり前な感じになっているインターンシップですが、私は参加しませんでした。一社応募しましたがあからさまな学歴フィルタ。そんなにやる気もなかったのでそれ以降は受けず、就活解禁日の3月1日から説明会エントリーを始めたのがスタートです。

狙った業界

私はなくならない仕事であるかどうかで業界を絞っていました。具体的に言うと「」関連のメーカです。

水道管や継手のトップシェア企業や浄水装置メーカなどを中心に受験していました。大手に受かるわけはないので、ニッチ業界や大学の実績企業を中心に見ていました。志望理由は下の感じです。

生活に必要不可欠な御社の製品を拡販し、生活利便性の向上と人々を支える存在になりたいと考えています。

狙った職種

特別なスキルもないので、当然営業職志望でした。私の性格として、じっとしていたり、暇な状態だったりすることが苦痛なので、動き回るイメージの営業がピッタリだと考えました。

気付いたら全滅

もともと10社くらいしか受けていなかったので、みなさんと単純に比較はできませんがボロボロでした。

私なりに志望理由も考えましたが、せいぜい二次面接止まりで気づいたときには持ち駒がなくなっていました。

ポンコツ
ポンコツ

興味がないものには全くやる気が起きない性格なので、他の業界は一切手を出しませんでした。典型的な失敗例です。

方針転換

ハリー
ハリー

なんか…全く役に立たなさそうというか中身が薄い。

あっという間に追い込まれてしまったので、「水関連の設備・機械メーカ」が合わないと考え、「設備・機械商社」に変更してみました。

ハリー
ハリー

何も変わってないじゃんか。

風向きが変わる

内容的にはほとんど同じですが、業界を商社に変えてから徐々に面接が突破できるようになりました。

特に理由はわかりませんが、自社製品に縛られるより自分の価値観で商品を見出だす商社とマッチングしたのかもしれません。志望理由は下みたいな感じです。ほぼ忘れましたが。

製品に縛られることなく、お客様に最善な提案をできる商社の中でも、○○分野で実績のある御社で広く深い営業をしたい。

運命の出会い?

徐々に面接が通り始めましたが、その中で最初に受験したのが今の会社です。たまたまリクナビを見ていた際に目が止まっただけですが、これが運命の出会いだったんですね。

内定獲得

運命だからなのか、役員面接で失態を犯すも何故か通過。そのまま最終面接→内定でした。他にも進んでいる会社がありましたが、一番最初に内定を貰った会社に入ると決めていたので就活を終了しました。無事ゴール。

ポンコツ
ポンコツ

部活もサークルもやっていませんし、特技もありませんでしたが、これがいわゆるマッチングだったのでしょう。

面接の内容はバレちゃいそうなので控えますが、自己紹介やアルバイトの話くらいでしたね。

ハリー
ハリー

不人気業界なのに何故かノリノリで受けていたのが良かったのかもね。

まとめ

いかがだったでしょうか。書いていても内容の薄さにビックリです。

まあ、言いたいことは「何をやってもダメなら諦めも肝心」ってとこでしょうか。変に執着してメーカを受けていたら今頃どうなっていたのでしょうね。

このブログではマッチングという言葉をよく使いますが、こうしたところから来ているんです。

自分の思う適性と企業の思う適性は必ずしも一致しないので、不合格を嘆くだけでなく一歩踏み出してみましょう。

ポンコツ
ポンコツ

面白話ですが、とあるメーカと間違え、大手のグローバルな企業と知らずに受験してしまい、一次面接で『帰国子女で3ヶ国語話せて留学先で文学を学ぶ幼少期からバレエを習っている女性』と同席することになり、自分の無能さを感じメンタルを失い帰ったことがありました。

あの子いま何してるんだろう…。

ハリー
ハリー

残業帰りの電車なので画像無しの簡易投稿です。許してください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました