【Gaciron】コスパ最強の中華ライト『ガシロン』を追加レビュー

クロスバイク

どうも、少しやる気を出すポンコツです。

Gaciron(ガシロン)のフロントライト

Gaciron V9CP400

今回、クロスバイクデビューのために購入したGacironのライトですが、手に取った感じはなかなかのコスパを感じることができました。

Gaciron(ガシロン) は2012年に設立された自転車用ライト専門メーカーです。設計・デザインから生産までを自社で一貫して行い、高品質なライトをヨーロッパやアメリカなど中心に世界中に提供しています。Gaciron は中国のシリコンバレーと呼ばれる深センに生まれ、多くのイノーベーティブな製品を創り出してきた 深センの土地において多くの改良・改善を重ねながら今日までその成長を続けてきました。

『V9CP400』とは

今回は400ルーメン(ライトから放たれる全体の光の強さ)の「V9CP400」という製品を購入しました。

公式サイト(Gaciron Japan)の定価は4,000円ですが、Amazonでは3,000円で購入することができました。

画像レビュー

外箱

Gaciron-外箱
Gaciron V9CP400

外箱はしっかりしており、透明窓から見える本体はかなり高級感があります。

「新ブラケット版」とあるので、改良品なのでしょう。旧型との互換性がないのかも知れませんね。

開封

Gaciron-内容物
内容物

内容物は本体と取り付けブラケット、充電コードとさっぱりしていますね。

充電端子がマイクロUSBなのが惜しい点です。

本体

Gaciron-本体サイズ
本体はアルミ製で高級感あり

本体サイズはご覧の通りで手のひらくらいの大きさになります。

素材がアルミ合金製なので、見た目も持った感じもかなりしっかりしていて高級感もあります。

しかし、本体重量が120gあるため、ずっしりと重さを感じるので、少しでも軽量化したい人には向いていないかもしれません。

発光

Gaciron-発光
Gacironの発光

画像で青く光っているボタン長押しでON/OFFに切り替えができ、ONの状態でボタンを押すことでモードを切り替えることができます。モード別の使用時間は以下の通りです。

【使用時間の目安】
High (400ルーメン) : 2時間30分
Normal (200ルーメン) : 4時間30分
Low (100ルーメン) : 8時間20分
Flash (50-100ルーメン) : 7時間30分
Strobe (400ルーメン) : 5時間30分

使用レビュー

実際に使ってみたのでご報告します。

まずは装着画像ですが、アルミの本体のおかげでかなりいい感じに見えますね。

gaciron装着
装着イメージ

明るさですが、夜道でもしっかり照らしてくれるので、400ルーメンでも問題ないと思います。画像は400ルーメンのHighモードです。

gaciron_400ルーメン
明るさイメージ

まとめ

実際に使用しましたが、かなり好印象のライトでした。

私は基本的に通勤の10分程度しか使わないので、本気のライドをされる方の参考にはならないかもしれませんが、実際の使用感も後々レビューしたいと思います。

ポンコツ
ポンコツ

最近は20代後半になり、以前のように仕事後のジョギングに行く元気がなく、在宅勤務も重なり信じられないくらい太ってしまったので、クロスバイクをダイエットにも使っていきたいと思います。

ハリー
ハリー

過去一で太っていたころの体重に近づいている気がするので、本気で痩せたほうがいいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました