【国産ゴーグルの頂点】DICE『HIGHROLLER(ハイローラー)』を購入

雑多

明けましておめでとうございます。平常運転のポンコツです。今回は少し長めなのでガンガン飛ばして見てください!

国産ゴーグルのDICEとは?

スノーボードやスキー、サイクリングなどをする方はご存じの方が多いと思いますが、『DICE』は大阪にある山本光学株式会社のブランドになります。

スノボのゴーグルというとスミスやオークリー、バートンなどの海外メーカーが有名ですが、DICEは生粋の国産ブランドですので、日本人や日本の気候に合った製品を世に送り出しています。

ポンコツ
ポンコツ

スキー向けにはSWANS(スワンズ)というブランドも展開しており、こちらをご存じの方も多いのではないでしょうか。

DICE

山本光学のブランドの中でも有名なのが『DICE(ダイス)』です。主にスノボ向けのゴーグル(他にもサングラスなど)が中心製品となっており、今回私が購入したブランドになります。

この山本光学は眼鏡用レンズのメーカーを出発点としており、その技術力の高さでここ数年はかなりの人気となっているようです。

有名な技術としては『PHOTOCHROMIC』『ULTRA LENS』『PREMIUM ANTI-FOG』『MIT-LENS』などが挙げられます。(他にも一般的な機能は備わっていますよ)

機能紹介

PHOTOCHROMIC

DICE-PHOTOCHROMICの説明
DICE-PHOTOCHROMIC

世間では調光レンズと言われる紫外線量によってレンズカラーが変化する機能です。晴天の眩しいときはレンズカラーが濃くなり、曇天の薄暗いときにはレンズカラーが薄くなるため、これ一つでほとんどの天候に対応することができます。

山本光学はこの『変化の速さ』と『反応の良さ』が評価され、この機能を有するモデルは毎回売り切れが続出する人気となっています。

ULTRA LENS

DICE-ULTRA LENSの説明
DICE-ULTRA LENS

近畿大学との共同開発によって生み出されたレンズで、雪面の凸凹をはっきりと視認することができます。一般的なコースではそこまで凸凹はないですが、上級コースや林間コースなどでは大いに力を発揮します。

PREMIUM ANTI-FOG

DICE-PREMIUM ANTIFOGの説明
DICE-PREMIUM ANTIFOG

この機能は詳しくはわかりませんが、レンズ自体が水蒸気を吸収することによって曇りにくくなるものです。滑走中にレンズが乾燥すると再度効果を発揮しますので、維持のしやすさもいいですね。

MIT-LENS

DICE-MIT LENS
DICE-MIT LENS

私が個人的に一番欲しかった機能です。通常のゴーグルはミラーコートが一番外側にあるため、擦れたりすることによってミラーコートが剥がれてしまうことがあります。

山本光学はこのミラーコート層をコーティング層で挟むことによって、傷がつきにくく長く使用することを可能にしています。

単に挟むだけ?と思いがちですが、普通に挟んでも湾曲しているレンズでは視界が歪んでしまうため、クリアな視界を確保しているのはさすがレンズメーカーといったところでしょうか。

購入品とその他のモデル

HIGHROLLER

今回私が購入したモデルかつDICEの中でも上位グレードになるのがHIGHROLLER(ハイローラー)です。ひとつ前のモデルで1万7千円程度でした。

同じHIGHROLLERでもモデルによって機能に若干の違いがありますが、上記で紹介した機能がほとんどついているため、少し高いですが購入することにしました。

※前回の困難を乗り越え、ようやく買うことができました。

DICE-HIGHROLLER
DICE-HIGHROLLER

前回Amazonで痛い目にあいましたが、使用したギフト券が戻ってきたため、楽天などでも評価の高い『HOOD』さんのAmazon店から購入しました。発送も早く、梱包も丁寧でしたので、Amazon発送はクソくらえですね。

DICE-HIGHROLLERの内容物
DICE-HIGHROLLERの内容物

内容物は本体、収納袋、取説でした。

DICE-HIGHROLLERの背面
DICE-HIGHROLLERの背面

顔に当たる部分は柔らかいパフフォームなので付け心地も抜群ですし、日本メーカーだけ合って鼻の低い日本人に合うように設計されているので、海外メーカーのものが合わない方は検討してみてはいかがでしょうか。

ポンコツ
ポンコツ

調光機能を付けるか悩みましたが、調光レンズは2年ほどで機能が落ちてくる(らしい)ことや下手なのでレンズを守れること、ナイターや悪天候時に滑ることが少ないことからMITレンズ搭載の少し安めのモデルにしました。

Bank

DICE-BANK
DICE-BANK

これまで最上位モデルだったHIGHROLLERに対し、満を持して登場したのがこの『Bank』です。

Bank A-BLOW SYSTEM
BANK A-BLOW SYSTEM

機能面ではHIGHROLLERとほとんど変わりませんが、新機能『A-BLOW SYSTEM』を搭載し、サイドパーツを起こすと自動でレンズが持ち上がり、強制的に換気させることができるようになりました。

ポンコツ
ポンコツ

このモデルも登場から常に高い人気を獲得しており、HIGHROLLERとBANKの二強時代突入ですね。

JACKPOT

DICE-JACKPOT
DICE-JACKPOT

DICEブランドの中間かつ定番モデルになります。このモデルには上記で紹介した機能がついているラインナップがありますが、値段的にHIGHROLLERが買えてしまうため、形などにこだわりがないのであれば、上位モデルを購入してもいいかもしれません。

SHOWDOWN

DICE-SHOWDOWN
DICE-SHOWDOWN

DICEの中では最廉価モデルになります。調べていて知ったのですが、このモデルにも調光機能付きラインナップがあり、値段も2万円と手ごろなので、調光機能を安く試したい方にはいいかもしれませんね。

国産メーカーも検討してみては?

長ったらしい記事になってしまいましたが、海外メーカーが中心のゴーグル業界で頑張る山本光学の『DICE』はまさに日本人のためのゴーグルだと思います。

少し高いですが、レベルの高いものを長く使うことができると考えれば、良い先行投資になるのではないでしょうか。

最近はその実力から人気が高まっており、最新モデルは完売が相次ぎますが、旧型モデルはネット通販などでかなりお手頃価格で買うことができますので、探してみてはいかがでしょうか。

ハリー
ハリー

買ったはいいけど、たぶんスノボ行けないよね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました