【等身大の就活】21卒の就活から見る22卒攻略のポイントを解説

就活

どうも、更新をなんとか続けたいポンコツです。今回は振り返りと今後の見通しについてです。

21卒の就活振り返り

新型コロナの影響が出始めた21卒の就活でしたが、内容としては例年並みの結果となりました。

企業調査結果

株式会社ディスコによる企業調査(2020年9月28日~10月6日、回答社数:1,220社)

  1. 選考終了状況と内定者充足率
  2. ここまでの採用活動の感想
  3. 内定辞退の増減
  4. 採用結果の満足度
  5. オンラインによる採用活動
  1. 採用選考を「終了した」60.8%、充足率の平均は78.7%と前年(76.2%)より上昇。
  2. ここまでの採用活動に対して「とても厳しい」「やや厳しい」の合計が45.8%と前年(82.9%)から大幅に減少。
  3. 前年よりも内定辞退者が「増えた」23.7%、「減った」39.3%と前年までと逆転。
  4. 採用結果については「質・量ともに満足」が29.3%から47.9%へ大幅に増加。
  5. WEB面接の実施率は11.3%から73.4%へ飛躍的に増加。

21卒の総括

以上のことから21卒は、新型コロナへの学生の危機意識による「安全優先の就活」だったと言えるでしょう。

これまでの「複数内定から厳選」よりも、早めに取れた内定で就活を終わらせる傾向が顕著に現れています。

航空や飲食など一部の業界では採用数の抑制が見られましたが、早めに決めたい学生と例年通りの企業の採用がうまくマッチングし、全体としてはまずまずの就活だったようです。

ポンコツ
ポンコツ

弊社でも、例年5~6割程度の内定承諾率が9割近くまで上がったので、冒険しなかったようですね。

22卒の就活

一方、新型コロナの影響を全身に浴びている22卒学生の就活はどうなるのでしょうか。

こちらの記事でも書きましたが、22卒の採用数減少は避けられないでしょう。

しかし、就職氷河期と言われるまでの惨事かと言われるとそうではないでしょう。

就職氷河期のイメージ

就職氷河期にはならない

既出の調査結果によると、約6割の企業が例年並みの採用予定としており、「減少」と回答したのは1割程度です。

当然、これからの社会情勢で変化はしますが、今までの氷河期とは異なり、『お金を消費したくてもできない』のが現在です。

徐々に経済活動も再開されているので、企業も採用数を減らし、将来的な人員不足を招く方が問題との認識があるのではないでしょうか。

ポンコツ
ポンコツ

下世話な話ですが、不景気の就活は学生が志望する企業レベルを落とすことが多いので、優秀層を採用しやすいというメリットがあります。

厳しい就活になるのは間違いない

就職氷河期にならないからといって、これまでの売り手市場の就活ができるわけではありません。

航空や飲食、一部サービス業界などではかなりの採用数抑制が行われる可能性がありますし、これらの業界を志望していた学生が他業界へ流入してくるでしょう。

また、22卒は例年以上に早く学生が動いており、WEB化したこともあってインターンシップへの参加も増加しています。

ポンコツ
ポンコツ

3月から始めればいいやと思っていると痛い目にあうでしょう。

『等身大の就活』が合言葉

株式会社ディスコの学生調査によると、未だに過半数以上の学生が大手志望という結果が出ています。

大手を目指すことは悪いことではありませんが、このような状況ですので、自分がその企業に合ったレベルの人間かどうかはしっかりと見極めましょう。

これまでのような繰り上げ内定は起きにくくなりますので、等身大の自分に合う企業を受けるようにしましょう。

ポンコツ
ポンコツ

みなさんが知らないだけで、実力を持っている企業はたくさんあります。名の知れた会社だけが全てではありませんよ。

ハリー
ハリー

ちなみに、資本金5億円以上または負債総額200億円以上は大会社となりますので、必ずしも大手企業=大企業ではありません。

ポンコツ
ポンコツ

会社法上は弊社も大会社です。負債総額は借金というよりも取り扱う製品の金額(商社であれば仕入金額)と思ってもいいかもしれません。

まとめ

21卒は新型コロナの影響をギリギリで回避できましたが、これまでの売り手市場が終わったことが明らかになりました。

したがって、22卒はいかに早く自分に合った企業を見つけることができるかがポイントになるでしょう。名の知れた会社でも存続が危ぶまれるこの時代に、いつまで大企業病を患いますか?

自己分析は自分の強みと弱みを見つけるだけのものではありません。客観的に自分のレベルを図るものです。

もう一度自分を見つめ直し、等身大の自分に合う企業、等身大の自分がやりたいことができる企業を見つけましょう。

ブログのまとめ

コメント

タイトルとURLをコピーしました